百瀬文《聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと》について

Posted on 2013/01/18

武蔵野美術大学大学院の院生、百瀬文さんが修士制作として、わたしとの対談を映像作品として制作されました。
優秀賞にきまったとのことで、おめでとうございます。後日再上映もあるそうですが、今回はじめての上映ということでご案内致します。
撮影後の編集については、一切何も知りませんし、まだわたしはこの作品を見ていません。スクリーンに映し出された過去の自分とその内容についてどのような感情を抱くのかをいま、想像しています。

どうぞよろしくお願い致します。

以下、引用。
——————————

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

このたび、平成24年度武蔵野美術大学卒業・修了制作展にて新作の映像作品を上映いたします。

//////////////////////////////////////////////////////////
百瀬文《聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと》

今回私は、この作品のために木下知威(きのした・ともたけ)さんという方と対談をさせて頂きました。
木下さんは現在建築史の研究、視覚文化論などの研究をされている方でいらっしゃいますが、生まれつき全く耳が聞こえません。

耳の聞こえない人が「聾者」と呼ばれるのに対し、耳の聞こえる人は「聴者」と呼ばれるそうです。
この映像は、聾者である木下さんと聴者である私とで行った、
「声」をめぐる対談を記録し編集したものです。

//////////////////////////////////////////////////////////
平成24年度武蔵野美術大学卒業・修了制作展

日時:2013年1月17日(木)〜1月20日(日)
9:00〜17:00 (美術館は10:00〜17:00)

場所:武蔵野美術大学 美術館 展示室5

行き方:1. JR国分寺駅からバスを利用する場合
JR中央線「国分寺」駅北口徒歩3分「国分寺駅北入口」バス停より「武蔵野美術大学」行または「小平営業所」行に乗車、「武蔵野美術大学」下車(バス所要時間:約20分)

2. JR国分寺駅から電車を利用する場合
JR中央線「国分寺」駅で西武国分寺線「東村山」行に乗換、「鷹の台」下車徒歩約20分

※上映時間は約25分です。
上映開始時間は、毎時間【:00】【:30】からになります。
作品の構成上、途中入退場が出来ませんのでご了承ください。

//////////////////////////////////////////////////////////

卒業制作展は毎年作品数も多く全体をまわるだけで大変かと思われますが、ご高覧頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

百瀬文
ayamomose@gmail.com
http://ayamomose.com/

What Others Are Saying

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です